1000万円で満足出来る家を建てるために

家は一生の買い物の中で最も高価な買い物の一つになります。人生において何度も購入出来るものではないので、失敗しない事が最も重要になります。当サイトなら予算を含めた各施工業者の特徴を細かく掲載しているので、比較検討する事が容易です。

一般的なウェブ情報では掲載されていない独自の情報を皆さまに提供する事が出来ます。当社の人間自ら現地に足を運んで知り得た生きた情報を提供しています。値段だけではない、ライフスタイルに合う会社情報を掲載しています。金額以上の満足を、お客様に提供するように心掛けています。

1000万円という高価な買い物ですから、きちんと引き渡しされるまで保証されている事が大事になってきます。当サイトでは、独自審査で信用できる施工業者のみを取り扱っています。家を建てることを検討している方は是非、参考にしてみてください。

北辰工務店

総合評価 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
顧客満足度 ★★★★★

北辰工務店はお客様への対応や地域密着、それから施工技術や素材、耐震技術まで一流の家造りをする事ができます。二世帯住宅や三階建て、自由設計の注文住宅、1000万台の家など様々な家造りに対応をしてくれるので、知識がない方や、初めての方でも安心です。

それから、木質感をふんだんに使うことで高級感を得ることができる機能性に優れた粋な家を建てたいと考えている方や、自由設計でハイクオリティーな家を手に入れたいとお考えの方にもしっかりと応えてくれます。

また、北辰工務店なら、等身大の家造りを実際に体感する事が出来ます。こちらの業者さんなら多数の素材とインテリアを見ることができるショールームで見ることが出来て便利です。

FREEDOM ARCHITECTS

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス度 ★★★★
使いやすさ ★★★
顧客満足度 ★★★

質の高い1000万円台というローコスト住宅の設計を得意とするのが、FREEDOM ARCHITECTSです。豊富な設計ノウハウはダテではなく、年間約400棟を超える実績をあげています。なかでも、1000万円台で家を建てるには、どのようにコストを省くかを知る者たちが携わります。限られた予算内でも、個性や憧れを十分に表現できることがウリです。そのため、本当に建物が建つのかと感じる細長い敷地にも、坪単価100万円で計画通りに建てられています。

FREEDOM ARCHITECTSでは、設計事務所としてはマレとなるほどに多数の工事の発注をし、そのスケールメリットから価格の調整を高めています。デザイナーズ住宅の受注件数も完全独立型の建築設計事務所の中でも全国1です。いい意味で相談者が心配するほどに、設計者によるローコスト住宅が造られています。

各エリアでは、セミナー・見学会を開催しています。現在、FREEDOM ARCHITECTSは、関東・関西・中部・九州の4エリアに17の設計業務を行うスタジオがあります。営業時間は10:00~21:00までで、購入前の土地から相談が可能ですし、プラン作成も無料です。

アキュラホーム

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★
サービス度 ★★★★
使いやすさ ★★★
顧客満足度 ★★★

アキュラホームは1000万円台で家を建てたい方に役立つ業者さんです。こちらの業者さんなら、高耐震、高耐久の長期優良の家を立てる事ができる他、様々な取り組みや姿勢で国や地方自治体などから高い評価を受けているので安心して任せる事が出来ます。

それからアキュラホームなら品質だけでなく、価格もあきらめないで住まいを手に入れることが出来ます。一生に一度だからこそ、お客様の声に応えて職人さんがしっかりと応援をしてくれるので、初めての方や、知識がない方でも安心して仕事の依頼が出来ます。

また、自由設計で注文住宅を手に入れることも出来ます。実際に展示場で見て参考にする事ができるだけでなく、資料請求も出来ます。また適正価格のわけも教えてくれるので安心です。

LIFE LABEL

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
顧客満足度 ★★★★

LIFE LABELの魅力は、1000万から家を作ることができるということでしょう。スタイリッシュにデザインされた外観に目を惹かれますが、室内ももちろん妥協はしていません。家族が笑顔になれるような空間作りの工夫が随所に凝らされています。

イベントも全国で随時開催中なので、検索して都合の良い日程で出かけることができます。自分たちの思い描くイメージを固めるために、最寄りのモデルハウスに出かけてじっくりと見学しながら疑問点を解消することができます。

手軽に利用できる診断もありますので、住まい作りのイメージに役立てられます。最新情報もSNSでチェックできるので、情報収集もスピーディーにセンス良く行うことができます。

CUSTOM HOME

総合評価 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
顧客満足度 ★★★★

シンプルな住宅設計にすれば、際立つのは希望ですし、際立たせられるのがCUSTOM HOMEに籍をおく建築家で、豊富に持ち合わせるアイデアです。そのため、1000万円台というローコストでも満足できる家づくりを実現させてくれます。例えば、外に閉じ内に開放する都会に合わせた家は、坪単価63万円で2000~2500万円で実現されています。ローコストを得意とするCUSTOM HOMEでは、坪単価53万円で1000~1500万円という北欧デザインのシンプルハウスをつくり出します。

予算内で希望の土地・住まいづくりためには、資金計画も重要になります。CUSTOM HOMEでは土地探しにもローコストに精通したエキスパートが資金計画を行います。9:30~20:00まで柔軟な相談が可能、オプションを追加したいなどのやりくりも得意とします。

デザインはもちろん、間取りや性能、工法まで、ライフスタイルに耳を傾けるためのコミュニケーションもしっかり図ります。その結果、細部まで丁寧に施工ができ、ワンストップでゼロベースからでもローコストの注文住宅がしっかり建てられるのです。

アイダ設計

総合評価 ★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス度 ★★★
使いやすさ ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★

1000万台で注文住宅を建てることができるアイダ設計は、実際に過去に建てられる住宅を見学することができます。そのため、自分たちが住むことになる住宅を具体的に想像してから、アイダ設計に家を建てて貰うことが可能となります。

建築後に建物に何かしろの不具合が出た場合に、アイダ設計が責任を持って対応してくれる保証があります。昭和56年設立と歴史ある会社が長期間保証してくれるので、建築前に安心して発注することができると言えます。

数百億円の売り上げを誇るアイダ設計は、施工に必要なものを大量発注することができるので、仕入れコストを下げられます。そのため、1000万円台で注文住宅を販売している会社の中でも、特に質の高い注文住宅を低価格で建ててくれる会社です。

1000万円で家を建築するために必要な工夫

1000万円で家を建築するための工夫の一つは、可能な限り正方形や長方形に近い形にすることです。正方形や長方形は4つしか角がありません。そのため、建材などを利用する場合でも無駄にのこぎりを入れなくて済みます。また、部屋の室内から見た場合、壁紙をはる場合も角が少ない方が張りやすいでしょう。そのため、経費を節約することができ最終的に費用を1000万円以内にすることが可能になります。逆に、角が多い部屋はそれだけ経費がかかっていることになりますので1000万円未満で住宅を造りたい場合には正方形に近い形か長方形に近い形にすると合理的です。ただ、このようにすると見た目はシンプルになってしまい面白みがなくなる可能性も否定できません。もしその場合には、部屋の内装などに力を入れてみてもよいかもしれません。

1000万円で住宅を建築する場合は、飾りは可能な限り少なくすることが重要になります。例えば、おしゃれな家などは窓の形を工夫したり人間の背の高さよりも高い窓を設置して開放感あふれる建物にすることもあります。それに加えて、天井などに窓をつけることにより日夜太陽の光が室内に入るようにする仕組みの家も少なくありません。ただ、窓をつけること自体は非常にお金がかかってしまいます。可能なかぎり窓が少ない住宅にした方が低予算で行うことができるでしょう。住宅の建材自体も安いものを使った方がよいです。建材も様々なグレードがありますが、必要最低限の建材でもそれなりに満足度の高い住宅に仕上げることは不可能ではありません。そのため、目に見えるところでも可能な限りおしゃれにすることはできます。

外構工事などは、本格的に取り組むと500万円ぐらいかかってしまうことも少なくないです。そのため、可能なかぎり自分で行えるものは自分で行うようにしましょう。建物のように、壁がなかったり屋根がないなどの中途半端なつくりの場合にはそこに住むことはできませんが、外構工事は後からでも設置することができます。住宅を手に入れてから少し落ち着いたならば少しずつ形を作っていきましょう。例えば、庭などに芝生を張る場合でもそれほど急ぐ必要はありません。夏の時期になると雑草が生えますので可能なかぎり夏の前の段階で芝生を植えた方がよいですが、それでも4月ぐらいから植え始めれば充分です。これに加えて、ブロック塀などの隣の家との仕切りは、問題が無ければわざわざ作る必要がありません。フェンスも特に問題なければそのままつけない状態を維持しましょう。