トップ / 賃貸の借地契約について

賃貸の住民票に関する情報

賃貸とその契約期間とは

賃貸とは、貸し賃をとって物を貸す事を意味する。マンションの場合、家賃をとって部屋を貸す事の意となる。契約は2種類に大別される。1つは一般的な借家契約であり、もう1つは定期借家契約である。一般的な借家契約において、その契約期間とはおよそ2年を意味する契約後、2年間住み続けない場合、すなわち途中で契約を打ち切る場合、敷金は返還されない。2年後に契約者がそのまま住み続ける場合、更新手続きが必要となる。物件によっては更新料も徴収される。更新後は敷金が返還される場合が多い。定期借家契約において、契約期間は借主と貸主による協議で決定される。仮に3年間の定期借家契約を結んだ場合、3年後に借主は退去しなければならない。貸主は契約完了の1年前又は半年前から賃貸契約が終了する事を借主に伝えなければならない。

家の周りも重要

賃貸契約の契約期間とは

賃貸契約、最初に結ぶときに契約期間の定めがありますが、住宅の場合は2年が一般的です。契約期間とは、その契約条件で住むことを約束した期間ですが、期間が満了したら、原則として、家賃などの条件を見直したうえで、新たに同じ期間の契約に更新することができます。契約期間の定めをしていても、契約の条項の中に途中解約について定め、1カ月や3カ月など、契約で定めた予告期間を持って通知すれば解約することができます。なお、例外として、賃貸の定期借家契約を結んだときは、契約期間中の解約や、期間満了後の更新はできないので注意しましょう。

© 賃貸契約時の住民票とは. All rights reserved.