トップ / 賃貸での契約の費用とは

賃貸の住民票に関する情報

賃貸契約の初期費用のひとつ礼金

賃貸契約を正式に交わすにあたっては、初期費用としてまとまったお金が必要です。初期費用のひとつに、礼金があります。礼金の相場は家賃の2か月分ですが、地域性が大きく支払う習慣がない地域もあります。礼金は日本の賃貸契約の独自の慣習とも言え、その起こりは戦後の住宅難の頃だという説があります。戦災で住む所をなくした人に、優先して間借りや家を斡旋してくれた大家さんにお礼の気持ちをこめてお金を包んだのが始まりという説です。敷金が清算されて返還されるのに対し、礼金はお礼なので退去の時にも戻ってはこないお金です。

賃貸契約の敷金と礼金

賃貸契約を正式に交わす時の初期費用のひとつに、敷金と礼金があります。相場はそれぞれ家賃の2か月分程度とされています。敷金と礼金は、いずれも部屋を借りる人が大家さんに渡すお金です。敷金は、民法の中でも定めがある賃貸契約の担保金です。よって、滞納してしまった家賃や故意や重大な過失で汚損してしまった室内をリフォームする費用に充てられます。敷金は、必要な費用を清算して退去の時には残額が返還される仕組みになっています。一方の敷金は、戦後の住宅難の時代に大家さんに部屋を借りるお礼をしたのが始まりとされるお金です。

© 賃貸契約時の住民票とは. All rights reserved.