1000万円で家を建てるにはどうするか

TOP > 1000万で建てられる家について > 1000万円で家を建てるにはどうするか

1000万円で家を建てるにはどうするか

マイホームを購入するのが人生の中で最大級の買い物になる人がほとんどです。
それだけ多額に費用を用意することになるわけで、購入したいけど購入できない人は少なくありません。
夢のマイホーム購入にあたり、理想的なものは建売一戸建て住宅ではなく、注文住宅です。
注文住宅は希望する間取りで家を建てることができるので、生活しやすい最高の家が手に入ります。
希望通りに家を建ててもらうため、建売一戸建て住宅と違い、世界に一つだけのスタイルで家を建てていくので人件費もかかりますし、資材費もこだわればこだわるほど高くなります。
しかし、ハウスメーカーによっては、1000万円の家を売りにしているところもありますから、一般的には注文住宅は高いですが、一概に全て高いとは言えませんので、調べてみましょう。


基本的には高いと言われている注文住宅でも、1000万円かけることで素敵な世界に一つだけのマイホームを手に入れることができるハウスメーカーがあります。
もちろん、これは上物の金額になりますので、注文住宅で1000万円かけて家を建てるための土地が必要です。
親から土地を譲り受けている場合は、単純に1000万円あれば素敵な注文住宅が手に入ります。
しかし、土地も探さないといけない場合は、当然土地代が追加されます。
注文住宅は施主の気持ち通りに家を建ててくれるため、手をかければかけるほどお金はどんどんとかかります。
ですから、1000万円で建てることができると言っているハウスメーカーでも、内容次第ではそれ以上になります。
さらに一般的なハウスメーカーであれば、それ以上に費用がかかるでしょう。


とても数多くのハウスメーカーが世の中には存在しています。
どれだけの利益を確保しているかはハウスメーカーによって異なりますし、人件費単価も異なりますので、同じような注文住宅を建てたとしても、結果的には比較検討してみるとかかってくる金額には違いがあります。
この違いをしっかりと見極めること、さらにハウスメーカーのレベルの高さや実績にも注目しておきましょう。
事前にしっかり情報を収集しておくことで、理想通りのハウスメーカーと出会うことができます。
一生に一度購入するかしないかのマイホームとなりますから、後悔しないハウスメーカー選びをしなくてはなりません。
後悔した場合は、そう簡単にマイホームを交換することは不可能ですから、後悔しないための比較検討をしておきましょう。

次の記事へ