TOP > 1000万で建てられる家について > 1000万円で建てるなら何が必要なのか

1000万円で建てるなら何が必要なのか

キーワードとなるのは1000万円台で建てられる家ですが、とはいっても1999万円までの差があることにも注意が必要です。
建築事例も多数ありますが、大事なのは土地とのバランスです。
土地だけでも1999万に消費税、そこに、設計管理費や諸費用、外構工事などまでが掛かるので、都心から離れた候補地を選ぶことを検討してみれば、予算内に納まる可能性もあります。
今や、自由設計の注文住宅において、片道2時間の通勤時間は当たり前、土地が資産になるために負担にはなりません。
最終的に決断するのは、建築条件付きの土地です。
土地契約を交わすにしても、不動産屋の人柄を見たり、建てるイメージを共有するのはハウスメーカーですから、信頼やセンスの良さから選びましょう。
構造も設備も大事で、1000万円ならば標準装備に床暖房やオール電化が備わっていて欲しい、そうした願望もあるでしょう。
また、新築一戸建て住宅の引渡し前には、竣工検査・施主検査などを行います。
第三者の一級建築士が立会い・同行し、施工品質をチェックするサービスがありますが、必ず依頼しましょう。


注文住宅を考えるにしても、融資を受けるには、自己資金ゼロからでは厳しい面もあります。
できるならば、親からの援助を受けて、頭金を100万円増やして用意しておきましょう。
予算ギリギリでも工事契約まで段取りよく整います。
また、新築一戸建て、しかも土地付きならば2500万円から3000万円台ならオプションも選び放題でしょう。
しかし、諦めも肝心です。
必要なもの、不要なもの、結局はローコストで建てるのなら、建物本体・付帯工事・省令準耐火仕様が含まれる、ローコスト住宅専門店に相談しましょう。
なかには、それらに照明・カーテン・消費税を含め、768万円から提案してくれるところもあります。
月々の支払いは家賃並みの返済を希望するのであれば、標準設備に納得せざるを得ないでしょう。
しかし、長い目でみれば、全館空調システムや太陽光パネルなどは、初期投資200万円ほど必要ですが、採用しても省エネ対策になり得るためにおすすめです。


基本は、手間を掛けないことが価格を抑えるポイントで、「リビングに集まる家がいい」と言うのは一利あります。
広い、イコール仕切りがいらない、壁がない分だけ部屋数が少ないだけ、他にお金を掛けられます。
間取りも決めやすくなるでしょう。
ですが、少しだけオプションを入れる、いわゆる費用対効果をあげた満足度は得るべきで、例えば、床材を無垢材に、標準仕様のステンレスシンクを大理石シンクに、ホーロートップのガスコンロをガラストップにするなどがあげられます。
基本、オプションとして選ぶならば、メンテナンスまで考えてからにしましょう。
結局は予算には上限があるのです。
標準仕様とはいいますが、ハウスメーカーによって本体価格一式っていう内容や分からないところでコスト削減していたり、だからこそ信頼関係が大事になります。
要望に応えられるよう、知恵を出して頑張ってくれます。
家づくりでは、屋根材、外壁材、基礎や土台、室内環境のみならず、玄関ドアや窓までが選べるため、重要視したい内容です。

次の記事へ